Society for Actinomycetes Japan The
Society for
Actinomycetes
Japan



Established in 1955 and recognized in 1985 by the Science Council of Japan.
[English Page]
第61回日本放線菌学会学術講演会
平成29年11月16日 (木) 講演会 14:00〜17:40、懇親会 18:00〜19:30
場所:微生物化学研究所 別館2階 会議室(地図
2nd International Conference on Natural Product Discovery and Development in the Genomic Era
Clearwater Beach, Florida, January 21-24, 2018
Deadline: Posters, Nov. 30, 2017; Invited talks, Dec. 11, 2017; Early bird registration, Dec. 4, 2017

学会の概要

各賞受賞者

浜田雅学術振興基金・補助事業 (6月及び12月募集)

ニュースレター [Up]
(Actinomycetologica)

オフィシャル
ジャーナル

無料アクセス(会員限定)

Digital Atlas of Actinomycetes Ver. 2

入会・変更手続き

会則 (平成27年9月7日改定)
細則 (平成28年11月11日改定)


このページのURLは:
http://www.actino.jp/ です。
ブックマークをお確かめ下さい。
トピックス
[2017/11/14] 日本感染症医薬品協会主催:メディカル・サイエンスセミナー(最近話題の微生物のはなし)のご案内(1月15日) [要申込]
[2017/02/10] 第61回日本放線菌学会学術講演会 (微化研 2017年11月16日)のお知らせ
[2017/09/21] 新学術領域研究「生合成リデザイン」第三回公開シンポジウムのお知らせ (2017/12/16-17) 東工大 大岡山キャンパス [要事前登録]
[2017/08/17] 住木・梅澤記念賞及び奨励賞 授賞式、受賞講演並びに特別講演のご案内(11月9日)主婦会館プラザエフ [要申込]
[2017/07/10] 浜田雅学術振興基金・補助事業の前期分の募集を行っています。締め切りは7月30日です。
[2017/07/07] 2017年度日本放線菌学会の演題締切が7月14日迄延長されました。
[2017/06/05] 2017年度日本放線菌学会大会ホームページが開設されました。
[2017/05/29] 日本感染症医薬品協会主催:メディカル・サイエンスセミナー(最近話題の微生物のはなし)のご案内(7月10日) [要申込]
[2017/05/11] 生物合成系の再設計による複雑 骨格機能分 子の 革新的創成科学 「 生合成リデザイン」第二回公開シンポジウムのお知らせ
[2017/04/24] 環境微生物系学会合同大会2017のお知らせ
[2017/02/10] 第60回日本放線菌学会学術講演会 (北里大学薬学部(白金) 2017年3月10日 13:00)
[2017/02/01] 住木・梅澤記念賞募集のお知らせ(募集要項
[2017/01/17] 2017年度学会賞の授賞推薦を開始しました (2017年2月27日必着)
[2017/01/17] ニュースレター Actinomycetologica 30(2)を発行しました。
[2016/12/15] 第26回学会賞受賞者特別講演会の開催のお知らせ 平成29年1月30日(北里大学・白金)
[2016/08/23] 住木・梅澤記念賞及び奨励賞 授賞式、受賞講演並びに特別講演のご案内(10月18日)日本感染症医薬品協会 [要申込]
[2016/07/13] 日本感染症医薬品協会主催:メディカル・サイエンスセミナー(最近話題の微生物のはなし)のご案内(9月15日) [要申込]
[2016/07/12] 新学術領域研究「生合成リデザイン」キックオフシンポジウム(9月10日14時)開催のお知らせ。
[2016/07/06] ニュースレター Actinomycetologica 30(1)を発行しました。
[2016/07/01] 大村智先生ノーベル生理学・医学賞受賞記念講演会の詳細を掲載しました(参加申し込み:8/1-9/12)。
[2016/06/17] ISBA18のホームページが公開されました。
[2016/05/25] GIM2016演題締切りは6月1日です。
[2016/04/22] 2016年度 日本放線菌学会大会の開催について
[2016/03/30] 2017年度 日本放線菌学会大会 大会長募集のお知らせ
[2016/03/14] (公財)発酵研究所平成29年度(2017年度)助成募集のお知らせ
[2016/02/22] (公財)日本感染症医薬品協会 メディカル・サイエンス セミナー (最近話題の微生物のはなし) 2016年3月24日(木) 14:30 開催のお知らせ
[2016/02/15] 国際ワークショップ「名古屋議定 書時代におけるインドネシアとの遺伝資源利 用共同研究のあり方」(2016年3月10日) 開催のお知らせ
[2016/01/13] 大村先生ノーベル賞受賞記念講演会の開催が決定されました。(2016年10月15日)
[2015/12/28] 2016年度学会賞の授賞推薦を開始しました (2016年2月26日必着)
[2015/12/25] 公式ニュースレター Actinomycetologica Vol.29 No.2を発行しました。
[2015/11/30] 第59回日本放線菌学会学術講演会(東京電機大 3月7日 13:30)
[2015/10/7] 本会名誉会員の大村智先生(北里大)が2015年 ノーベル生理学・医学賞を受賞されました。
[2015/8/1] 第58回日本放線菌学会学術講演会(国立感染研 10月30日 14:00)
[2015/4/3] 発酵研究所 平成28年度 研究助成募集のお知らせ:
研究者招聘・留学助成 (応募期間 4/1-5/22),
一般・大型・若手研究者助成 (応募期間 7/1-8/21)
[2015/2/26] 大会ホームページが公開されました
[2015/2/13] 日本放線菌学会2015年度大会のお知らせ
サイエンスZERO「夢の化学工場“放線菌”」 再放送予定 2015/1/17 (土) [Eテレ] 12:30-
[2015/1/27] 第57回日本放線菌学会学術講演会(微生物化学研究所 別館2F 2月27日 14:00)
2015年度学会賞の授賞推薦を開始しました
(平成26年2月23日必着)
日本放線菌学会細則を一部改定しました(第4条)。
Natural Product Discovery & Development in The Post Genomic Era (San Diego, Jan. 11-14, 2015)
第56回日本放線菌学会学術講演会 (北里研究所(白金) 11月7日 14:00)
ISBA'17 (Kusadasi, Turkey, Oct. 8-12, 2014)
ESF-EMBO symposium on the Synthetic Biology of Antibiotic Production II (Spain, 8/30-9/4 2014)
発酵研究所 平成27年度 研究助成募集のお知らせ (7/1-8/22)
Actinomycetologica (会報) Vol. 27 No. 2の発行
JA無料オンライン購読開始!今すぐ登録
人材募集
現在の募集はありません
書籍紹介
バイオセーフティの原理と実際BMSA編) (医学評論社) 【書評
日本放線菌学会25周年記念「放線菌と生きる」 (日本放線菌学会編)
(医学評論社)【紹介文(割引購入)
微生物資源国際戦略ガイドブック(サイエンスフォーラム)
バイオセーフティの事典(医学評論社) 【紹介文
放線菌の分類と同定(日本放線菌学会編)
JA's AOP web feed

Valgamicin C, a novel cyclic depsipeptide containing the unusual amino acid cleonine, and related valgamicins A, T and V produced by Amycolatopsis sp. ML1-hF4Valgamicin C, a novel cyclic depsipeptide containing the unusual amino acid cleonine, and related valgamicins A, T and V produced by <i>Amycolatopsis</i> sp. ML1-hF4, Published online: 15 November 2017; doi:10.1038/ja.2017.135Valgamicin C, a novel cyclic depsipeptide containing the unusual amino acid cleonine, and related valgamicins A, T and V produced by Amycolatopsis sp. ML1-hF4

Quadoctomycin, a 48-membered macrolide antibiotic from Streptomyces sp. MM168-141F8Quadoctomycin, a 48-membered macrolide antibiotic from <i>Streptomyces</i> sp. MM168-141F8, Published online: 15 November 2017; doi:10.1038/ja.2017.140Quadoctomycin, a 48-membered macrolide antibiotic from Streptomyces sp. MM168-141F8

Synthesis and antibacterial activity of novel lincomycin derivatives. IV. Optimization of an N-6 substituentSynthesis and antibacterial activity of novel lincomycin derivatives. IV. Optimization of an <i>N</i>-6 substituent, Published online: 08 November 2017; doi:10.1038/ja.2017.143Synthesis and antibacterial activity of novel lincomycin derivatives. IV. Optimization of an N-6 substituent

Incentivising innovation in antibiotic drug discovery and development: progress, challenges and next stepsIncentivising innovation in antibiotic drug discovery and development: progress, challenges and next steps, Published online: 01 November 2017; doi:10.1038/ja.2017.124Incentivising innovation in antibiotic drug discovery and development: progress, challenges and next steps

Synthesis and SARs of novel lincomycin derivatives Part 5: optimization of lincomycin analogs exhibiting potent antibacterial activities by chemical modification at the 6- and 7-positionsSynthesis and SARs of novel lincomycin derivatives Part 5: optimization of lincomycin analogs exhibiting potent antibacterial activities by chemical modification at the 6- and 7-positions, Published online: 01 November 2017; doi:10.1038/ja.2017.114Synthesis and SARs of novel lincomycin derivatives Part 5: optimization of lincomycin analogs exhibiting potent antibacterial activities by chemical modification at the 6- and 7-positions

New antituberculous drugs derived from natural products: current perspectives and issues in antituberculous drug developmentNew antituberculous drugs derived from natural products: current perspectives and issues in antituberculous drug development, Published online: 01 November 2017; doi:10.1038/ja.2017.126New antituberculous drugs derived from natural products: current perspectives and issues in antituberculous drug development

Self-control of the PHO regulon: the PhoP-dependent protein PhoU controls negatively expression of genes of PHO regulon in Streptomyces coelicolorSelf-control of the PHO regulon: the PhoP-dependent protein PhoU controls negatively expression of genes of PHO regulon in <i>Streptomyces coelicolor</i>, Published online: 01 November 2017; doi:10.1038/ja.2017.130Self-control of the PHO regulon: the PhoP-dependent protein PhoU controls negatively expression of genes of PHO regulon in Streptomyces coelicolor

Selective catalytic hydrogenation of the N-acyl and uridyl double bonds in the tunicamycin family of protein N-glycosylation inhibitorsSelective catalytic hydrogenation of the <i>N</i>-acyl and uridyl double bonds in the tunicamycin family of protein <i>N</i>-glycosylation inhibitors, Published online: 01 November 2017; doi:10.1038/ja.2017.141Selective catalytic hydrogenation of the N-acyl and uridyl double bonds in the tunicamycin family of protein N-glycosylation inhibitors

関連リンク
FramePlot 2.3 - 遺伝子予測プログラム
2ndFind - 二次代謝産物生合成遺伝子発見支援ツール
放線菌ゲノム:
Streptomyces griseus IFO 13350
Streptomyces avermitilis MA-4680
Streptomyces coelicolor A3(2)
Saccharopolyspora erythraea NRRL 2338
Mycobacterium tuberculosis H37Rv
Corynebacterium diphtheriae
Corynebacterium efficiens YS-314
Noardia farcinica IFM 10152
Rhodococcus erythropolis PR4
Rhodococcus opacus B4
Rhodococcus jostii RHA1
Frankia spp.
ナショナルバイオリソースプロジェクト (NBRP)
Journal of Antibiotics (JARA |NPG)
Novel Antibiotics DataBase [ダウンロード] [検索]
NCBI Taxonomy
抗菌薬インターネットブック - 「抗菌剤ハンドブック」第3次改定のインターネット版