ホーム > 学会の概要 [English]
[SAJ]

SAJの概要

活動と会員

本会は、1955年に日本放線菌研究会として発足し、 1985年に日本放線菌学会(SAJ)として日本学術会議に認定され、 1990年に放線菌育種談話会(1972年設立)と合流し、現在に至ります。 SAJは、放線菌を研究する国内外の会員相互の人的、科学的交流を目的としています。 SAJは、年次大会、定期講演会ならびにワークショップの開催や、 会報誌「Actinomycetologica」およびラボマニュアルなどの放線菌に関連する書籍やウェブコンテンツの製作を行っており、 これまでに「放線菌図鑑」(1997年;絶版)、 「放線菌の分類と同定」(2001年)、 「放線菌と生きる」(2011年)、 「Digital Atlas of Actinomycetes」(2002-)などを製作しました。 さらに、 International Streptomyces Project (ISP) および International Symposium on Biology of Actinomycetes (ISBA; 国際放線菌学会議) への貢献も行っています。 これらの活動は、学術組織所属会員と営利組織所属会員の双方を含む会員によって構成される理事会ならびに実行委員会などにより行われています。

SAJ会員は、 正会員、学生会員、海外会員、賛助会員および名誉会員から成ります。 現在(2016年12月末日)の会員数は、 海外会員22名、 名誉会員11名、 海外名誉会員3名、 特別会員1名、 賛助会員13社を含む423名です。SAJ会員は、 会の主催する講演会などの企画に参加できるほか、 6月と12月に発行される会報誌「Actinomycetologica」の配布を受けることができます。 SAJは海外の放線菌研究者の入会も歓迎します。 海外から入会を希望される方はSAJ事務局に問い合わせて下さい。 年会費は正会員5,000円、学生会員3,000円、賛助会員20,000円(一口)です。

理事(2016年4月〜2018年3月):
監事:
評議員:
事務局:
〒292-0818
千葉県木更津市かずさ鎌足2-5-8
独立行政法人 製品評価技術基盤機構
バイオテクノロジーセンター 生物資源利用促進課(NBRC)
日本放線菌学会事務局長 田村朋彦
電話 0438-20-5763 FAX 0438-52-2329
E-mail: info@actino.jp